(再掲)2006年1月放送「居酒屋の星野仙一 小田和正 in 名古屋」その5「ずっと 友だち」

January06 [Sat], 2018, 12:04

 2006年1月26日(木)NHK-BS2放送
「居酒屋の星野仙一~ゲスト・小田和正 in 名古屋」その5(再掲)

■1986年、小田さんが、アメリカのロスに半年以上滞在し、現地で音楽制作をしていたとき。
NHKのキャスターをやっていた星野仙一氏から、突然電話がかかってきた。
「全米オープンやってるからNYのロングアイランドまで来ないか」

小田さん「来ないかって、ニューヨーク行くのに5時間ぐらいかかる。わかってんのかなアイツ、みたいなさ(笑)」
星野氏「ロスアンゼルスからニューヨークまで、か(笑)」

「泊まれるから来いやって。でも全米オープンも見たいし。
行ったよね。ニューヨークで、レンタカー借りて。2時間ぐらいかかんだよロングアイランドまで。
ロングアイランド知らないし、がさつな地図でさ。
ま、行くとこまで行ったんだけど、どうやって会ったのかは覚えてねえんだ。」

仙ちゃん「俺ね、来るの忘れてたの」
和ちゃん「えっ(爆笑)ひでえー!」

・・・

「で、今みたいにナビがあるわけじゃないから。ところが…来たろ?
どうやって来たんだろ」
「俺も覚えてない、最後のとこ覚えてないんだけど。
あんときに二人で飲んで、あの日がとってもおかしいなと思うのよ。ふたりにとって。ねえ。あんな一日があったってゆうのが。」
「そうだよ。」

「それ懐かしく思い出すね今でも。
まあそれで、いろいろあって、監督やったりして、またうわー騒いでんな、相変わらず。暴れん坊でやってるなと思って。
あ、オレも頑張ろ、
オマエ最近しょぼくれてるな、なんて言われたくないし。会ったときに、イーブンな感じで会わなくちゃって、思ってるからね。」

「今日は俺負けたと思う。」
「いやなーにいってんですか!」
「だから俺がんばらなきゃいけないと。」
「いやいやいや。」

「俺のグラブ持っていったの知ってる?」
「星野、って書いてありますよ。」
「あの時代振り返ってると面白いよね。」
「面白いよね。ぽつんぽつんと。点が線になって。
今回この話があったとき、あーなんか、ゴールじゃないけども。
そういう時が来たんだな、っていうふうに思ったね。」

■星野氏に贈る言葉を、色紙に書く小田さん。

「小田に今日…なんか書いてくれよ。」
「そんなこと…考えてくりゃよかったなっ。(←こどもみたいな口調)
へへへ(笑)」
「初めてだよそんなの書いてもらうの。」「そうだよな。」

「はい。できました。(にやにや)へへへっ!」

仙ちゃんへ!

ずっと 友だち

小田和正  2005.12.20

「こう言えるってのはね、やっぱり、我々の歴史っていうか。
(「そうだね」)そういうものが感じられるよな。」

「それが財産だ、って思うよね。」
「友だち。」
「ずっと、見守ってますから。」
「ありがと。俺も見守ってるから。」
「へへへ(笑)」

小田さんの歌が流れる。
17年前、名古屋ドームの監督室で、談笑するふたり。
つい先日の名古屋ライブ、アンコールのステージに登場した星野氏を笑顔で迎える小田さん。

そして きみの中に ぼくは いるか
空は あの日のように たゞ 青いか
愛する ひとは そこに いるか

もういちど 生きて ゆくとしても
また 同じ 人生を たどるだろう

ぼくが こうして ぼくで ある限り
ぼくは きっと 自分を 生きるだろう

そして きみの中に ぼくは いるか
空は あの日のように たゞ 青いか
愛する ひとは そこに いるか     (「そして今も」)

星野氏「今日は小田和正と久しぶりに話しました。
そしてもらったのがね、『仙ちゃん!ずっと友だちでいよう』と。涙が出るような言葉を頂いたんですけどね。

我々ね、団塊の世代の男たちは、みんなを代表して、頑張ってるんだと。
小田を先頭にね、ステージであんだけ張り切って、やってるわけだからね。皆さんもね、彼のステージを観てですね、元気出そうよ!私も元気出すから!もう、元気のない男たちはダメ。
とにかく、あのステージ、我々の話を聞いて、元気出しましょう。
元気が源ですよ。

今日はホントにね、負けた!現役うらやましいなあ!
そんな、日でした。」(笑顔)

星野仙一と小田和正。
ふたりががっちり握手している画面で、番組は終わります。

小田さんと星野さん。
ふたりに共通するのは「熱い男」だということ。
星野氏は激しく赤々と

、小田さんは静かに青く

燃えている感じ。

熱い男同士の対談、とっても面白くて、深ーい内容でした。
音楽と野球という、異なる分野でそれぞれに活躍している二人。でも共通する思いがある。

(以上再掲)

【過去記事】
・2006年1月放送「居酒屋の星野仙一 小田和正 in 名古屋」その1
・同 2
・同 3
・同 4

・・・

この後、星野氏は日本代表監督を経て、楽天の監督に就任、日本一を果たしました。
優勝した年の2013年には、小田さんが楽天の始球式に。

真っ直ぐで、熱いお人柄。
この方も「the flag」を掲げていた方でした。

ご冥福をお祈りいたします。

9/18(日)広島グリーンアリーナ・69才お誕生日お祝いライブ【小田和正ツアー2016君住む街へ】

September21 [Wed], 2016, 15:00

 小田和正ツアー2016 君住む街へ
9月17日(土)18日(日)広島グリーンアリーナ。

 9月20日は小田さん69才のお誕生日!めでたい!*\(^o^)/*
とゆうわけで、18日は68才ラストライブでした。

大千秋楽か!とゆうくらい熱く盛り上がった、広島2日間。

お祝いしたい気持ちがあふれすぎて、大きな手拍子で迎えるオープニング。
20代の小田さん、30代、40代…
時が進むに連れどんどんチャーミングになってゆく…
大歓声の中、68歳の小田さんが登場します。
そして、画面には「あの日 あの時」のシルエットと、「2016.9.18」の日付。(それを見てもう泣く)

始まった…!!

※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器は一切使用しておりません。
すべて個人の記憶、主観に基づくもので、実際とは異なります。   

・・・

軽やかに、鮮やかに、
小田さんが歌うと、風が吹いて雨が頬を打ち、日の光が差し、虹がかかる。

花道をぐるっと早足でまわりながら…小田さんが遠くから近づいてきます。
小田さんが肉眼で見える距離まで近づいてきます。。

初日、スタンドから拝見して「少し日焼けして、夏休み明けの少年のようだ」と思っていたのですが、

さらに若返ってた…
なんなら、美肌だった

(笑)
誕生日が近づくにつれて、若返ってゆくのはなぜ~

「降り続く雨はやんで…と歌いながら、とっても不思議な感じでしたが…
雨の中こんなに大勢の人がきてくれて、どうもありがとう。
ツアーが始まった頃は、広島はこんなずっと先なのか…と思ってた。
カープ優勝が先か?なんて話してたら、カープは先週にも優勝を決めて、
カープの後を追って、広島へやって参りました。

終わっていくのは寂しいけれど、
心から、丁寧に、楽しく、楽しくやっていきたいと思います。」

「ツアーの最中に、電車の中で「あれをしよう…」楽屋で「あれをしよう…」
できた試しがない。
ツアーというのはそういうもんであります。」

客席のあちこちから、「おめでとう!」の声、声。。

「誕生日なんですよ。先程、スタッフとバンドの方たちにお祝いしてもらいました。

なんだか照れくさい…
歳をとったことには順応してるけど、数字というのは…
あさって69になりますが(どよめき)
なんか、63くらいでいいんじゃないかと(笑)
いけてるんじゃないか。みなさんどう思います?」

58くらいでもいいんじゃないかな~

「昨日夜、飯くって帰ろうとしたら、ガラケーだけ?みんなの携帯が急にビービー言い始めて。
おい、避難勧告出てるぞ、と。(豪雨でした)
そんなんで、情緒も何もないんですけど、『秋の気配』をやりたいと思います(笑)」

「『さよなら』は…あの頃はどんな感じで歌ってたのかなー。
思い出そうとしたんですけど、思い出せませんでした(笑)
ちょっと前はいろんなことを覚えてた。
レコーディングの風景とか、どの楽器が、とかいろいろ細かいことを覚えていたけど、
この頃は、どのアルバムが先だったかもわかんない(えええ
とっても上手に年を取らせていただいてます(笑)」

「オバマさんの広島でのスピーチ。
もっともっと、言いたいことがあったんだろうな…と。
とても感動しました。地元の方はどうだったんでしょうか。」

・・・

広島グリーンアリーナは音がきれいで
小田さんの歌声もバンドの音も思い切り堪能できました。
特に初日はスタンドだったので、全ての音を全身で受け止めているような感覚がして、最高でした。
それに、会場を彩る照明の美しさったらもう…!!

一片の悔いなく、盛り上がりきり、燃え尽きた!自分が!

(笑)

2日目はアリーナの左端で、こちら側の花道に来たときだけ姿が見えたのですが
ふっと小田さんが花道から消えて、歌いながら客席の間を歩いている映像が映り
あー客席突入だ~、とキョロキョロ見ていたら
真横の通路が急に明るくなって、スタッフさんが真剣な顔で歩いてきたので、その方向を見ると、
すぐ後ろで、小田さんが、嬉しそうにお客さんにマイクを向けていた

 びびびびっくりした!

客席の通路はとても狭くて、
歌いながら、ずんずんとこちらに歩いてきてるのに
私は、アタマがまっ白になってしまい

とっとりあえず周囲の視界のジャマになってはいかんと思い、とっさにしゃがんだので
わずか数十センチ横を通り過ぎる小田さんを、斜め下から見上げているという
不思議な残像が残っております…子ども目線?

汗でびっしょり濡れた襟足と背中に、ライトが当たりキラキラと光っていました。
なんだか内側から光り輝いてるように見えて、とっても崇高で美しい後ろ姿だった。

しばし放心状態で…
花道に戻った小田さんが、客席を指差したのを見逃す

・・・

【広島ご当地紀行より】

宮島に上陸後、「大望」があるとのことで、厳島神社を通り過ぎ…
ロープウエーを乗り継いで、獅子岩駅に到着。

「ついに大望について語るときがきました。弥山(みせん)山頂。あれを目指します。」
「この同じ苦しみを経験した者だけが分かち合う…愛情?」
「走るしかない。走るほうが楽だ。」
「あと少し、っていってからずいぶんある…」
「これだ、これくぐったらシメたもんだ…あれ?まだある…」
「今度こそ、嘘偽り無く山頂かな~?」
「これかあ~、ついたー!おおーー!」
「ご当地紀行、充実しております!
充実というのは、疲れた、ということであります。(笑)」
「久々に過酷な撮影でしたけど、思い出に残るご当地紀行になりました。」

とりあえず弥山パートをお送りしました。
晴れた日にいつか登ってみたいです。

・・・

小田さんはマーベラス名古屋

からずっと絶好調の様子で、
なんというか…69才目前にして、やんちゃ小僧?

小田さん自身が、この空間を、心ゆくまで楽しんでいるように見えました。

「伝えたいことがあるんだ」、毎回倒れそうなんですけど!
なんなら毎回、倒れてるんですけど!恐ろしい!

風船レポ(笑)

小田さんが、ストリングスチームに向かって、風船をバーンと押し出したのを、
スタッフさんが2人がかりで、まるでゴールキーパーのように飛んできて、ブロックしてた

(笑)
そのあとマイクスタンド直してたけど、まさか風船が倒したとか…?

花道を猛ダッシュして、オンステージの段を駆け上がって、キラキラの大サビ!

走るスピード、速っ!最速!

ちょうどこちら側の花道で、小田さん渾身の力をこめた『ラブ突』の大サビシャウトがきて、

あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら
僕等は いつまでも 見知らぬ二人のまま(わーーーー!!!

もうなんつーか、頭がぱーん飛ぶくらい、みんな盛り上がって大興奮でした。
歌いきった小田さん、どうだ、参ったか!って顔してた!と思う!
はい参りましたヽ(;▽;)ノ
あああああもう最高だよ!小田和正さん最高!!

「風と君を待つだけ」この曲は自分たちも思いっきり歌わねばならないから、
知らずしらず両手がぎゅっと握りこぶしになってしまう。

ひとりにならないで もう一度 夢を見せて

力の限り歌いおえてから、少しだけ力なく手拍子をする小田さんの姿に、
いまこの曲を歌う重みを感じて、涙が出る。

「今回のツアーに出て、さらに、ふるさとっていうのが、
んー。。。
なにものにも代えがたい、大切なものだと思いました。
my home town を歌います。」

『my home town』、
『さよならは 言わない』
晴れ渡った…の「は」がやさしくて好き。
この日はすごく心に染みたな…ちょっと特別な気持ちで聴いていた。
新しい曲を書いて…その言葉はとても嬉しいけれど
また会える約束は、もちろん誰にもできない。
だから、今この一瞬、一瞬がかけがえなく大切なんだと
いつでも思い出は君は心の中にある、と
そう歌っているように思った。

『今日も どこかで』を歌い終えた後の拍手は、いつもとっても長くて
小田さんが『風は止んだ』を歌い始めなければ、いつまでも拍手し続けたいとすら思う。

「広島の2日間が、あっという間に終わっていきます。
とっても楽しかったです。ありがとうございました。

この年になると、なかなか次のことを約束しにくい…
また、みんなが聴きたくなるような曲を書いて、また戻ってきたいと思います。
では、このツアーのテーマになっている曲を歌って、しばらくのお別れということになります。
どうもありがとうございました。」

『君住む街へ』

いつもは歌う小田さんばかり見ているのだけれど、後ろの映像をじっくりみていたら、
すごく涙が出てきて
でも、ラストいちばんのシャウトの瞬間、後ろでは土手でわんこを呼んでる小田さんが映ってて

思わず泣き笑い。。

・・・

お誕生日ライブだから、ずーっと、小田さんお誕生日おめでとう!の声、声…
小田さん、おめでとうー!!

拍手も、歓声も、手拍子も、ものすごかった!

アンコール「愛になる」の前に

「とっても幸せ者であります。どうもありがとう。」

照れたような、小さな声で。
聞き逃しそうなくらい。

小田さんが走る、歌う、みんな我を忘れて声を限りに歌う。
スタッフコーラス隊にいる、ユニオンの田仲さんとがっちり握手。
最後の「あなたをつれてゆくよ」、花道で立ち止まり大きく身体を反っての熱唱に
感激のどよめきが!もう興奮しすぎて何がなんだか!

2回めのアンコールに登場したときに、
オンステージの人たちからハッピーバースデーの合唱が。
金原さんたちも手拍子を始め、すぐに会場全体が大きな手拍子になりました!

小田さん、動揺したのか、照れてるのか、
おめでとうの大歓声がやまぬ中、唐突に「ダイジョウブ」歌い出しちゃった!
「え?」と慌てて音を合わせるバンド(笑)
やり直すかと思いきや、なかば強引に歌は続く(笑)

再び客席に降りて、アリーナのいちばん後ろへまっすぐに歩き、通ってゆく客席に
小田さんを見守る、全国のイベンターさんたちの姿がありました。。
さちゅう氏を見つけて泣く私

(笑)

トリプルアンコール、
NEXTのテーマー僕等がいたー

広島で聴いたNEXTのテーマは、よりいっそう力強く、躍動感が溢れているように思いました。
バンドの音が生き生きとして、希望に満ちている。
その先に光があるNEXTに、生まれ変わっていた。

アンコール最後の曲は、「生まれ来る子供たちのために」

歌う直前、

「きっとまた、会えますように」と。

たくさんの願いと祈りがこめられた歌で、広島のコンサートは終わりました。

もうこれで最後、ステージ横の花道を歩いて、楽屋へと入っていく直前…
小田さんはくるりと客席の方を振り向き、
きっちりと深く、長いお辞儀をして、
去っていきました。

コンサート中、何度も何度も泣いたけれど
最後のその姿に、また一気に涙があふれた。。

68歳ラストライブ。

今の小田さんが作り上げたライブ。

何度でも言う。最高でした。

・・・

69歳、おめでとうございます。

過酷なスケジュールの全国ツアーで
ステージにおける唯一無二の素晴らしいパフォーマンスと
観客バンドスタッフ、会場中のみんなと、真摯に、心と心のやり取りをする姿に
どうしてここまでできるんだろう
どうしてこんなにも追い求めることをやめずにいられるんだろう

でも決して悲壮ではなく
どこかしらふんわりと、軽やかな空気をまとっているのが感じられ
心技体全てに充実の時を迎えてるんだなあと

元気でいてくださればそれでいい…と、言いながらも
期待ばかりしてしまって、すみません。
これからも、ご自身が納得できる形で、音楽を続けられることを願っています。

私はずっと小田さんの音楽を愛し聴き続けます。

小田さんから「幸せ」という言葉がきけて、よかった。

作詞・作曲 / 小田和正 より歌詞一部引用

8/24(水)25(木)酷暑の大阪市中央体育館、MC一部れぽ【小田和正ツアー2016君住む街へ】

September03 [Sat], 2016, 23:54

大阪は暑かったです~

初・通天閣に上りました。面白かった

・・・

 小田和正ツアー2016 君住む街へ
8/24(水)25(木)大阪市中央体育館。

どうしても書いておきたかったので、MC一部うろ覚えレポ。

※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器は一切使用しておりません。
すべて個人の記憶、主観に基づくもので、実際とは異なります。

以下ネタバレがありますのでご注意ください。

・・・

【8/24 MCの一部うろ覚えれぽ】

今日は、終わっていく夏の日の思い出になるように
楽しく、ホントに楽しく、がんばっていきたいと思います。

メンバーを紹介する回数が、どんどん少なくなっていってしまいます。
なんだかさみしいですけど…

オリンピック、すごかったですね。
オリンピックが終わってしまったら、急に日が短くなって、夜は早くなって寂しい。
ふと空を見上げると、秋の空で。

このツアーをやるという理由付けで、一番大きな理由のひとつが
スタッフが、「身体が丈夫なうちにもう一回ツアーやった方が良くないですか…?」
えっ、と思ったけど、そうかな…と。

昔はツアーするのに、理由なんか無かった。
ツアーが終わったら次、また次へと転がっていくイメージ。
今は何をするにしても、理由付けが必要で
なんでやるんだ?へへへ(高笑い)

では、何の理由付けも無かった頃の歌を歌いましょう。
これはぜひ皆さんに参加して頂きたいと思います。

・・・

先ほどご当地紀行(総集編)を見てもらったんですけど
地方を回るほどに、ふるさとはいいもんだと思います。

・・・

さっき話した、スタッフが元気なうちにもう一回、って言った意味が
何となくわかってきました。
何曲でも、またみんながあーいい曲だなと思ってくれる曲を書いて、また来れたら。
僕に負けないくらい、歳いった方がいらっしゃる(笑)
健康に気をつけて、また元気で顔を合わせられたらと思います。

・・・

【8/25 MCの一部うろ覚えれぽ】

昨日は、前半張り切り過ぎて、後半パテたので(笑)
それを反省して、今日は前半控えめに…
でも、こうしてみんなの顔を見ると、張り切ってしまう。(拍手)
ほどほどに(笑)頑張りたいと思います。

僕は学生時代、仙台でひどいホームシックになりまして。
夏休みとか長い休みの後は、とっても帰りたくなかった。
気温差があるから、横浜から仙台に帰ると、もう秋の風が吹いていて…
余計に寂しくなった。
この季節になると、そのことを思い出します。
今日も暑いけど、でも、ふっとした時に、秋の風が。

MCがさっきコケたので、飛ばして。(ん?どこだろう??)
ここで、皆さんで歌うコーナーです。
比較的、歌いやすい歌ですので。
「僕の贈りもの」

・・・

すぐに(大阪城ホールに)戻ってきますが…(笑)

実際、本当のところ40まで歌っているかな…?と思っていました。
けど、40どころか、50、60を過ぎてもうすぐ70…
やめどきが、わからなくなっちゃって(笑)

せっかくだから、もうちょっと、お付き合いください。

みんなが聴きたいと思ってくれるような曲を、
いっぱいとは言いません。いくつか書いて、また戻ってきます。
またみんなで会いましょう。

それでは、ツアータイトルになっている「君住む街へ」
一緒に歌いたいな、と思ったら、一緒に歌ってください。

・・・

以上、うろ覚えてるところだけ、MCれぽでしたが…

大阪市中央体育館は、とっても蒸し暑くて、
出雲より体力を消耗したかもしれません。
客席でさえそんなに暑かったのだから、ステージは相当だったかと。

初日の小田さんは、力を抜いて軽々と歌ってる風に感じましたが、
やはり張り切りすぎてたのかなあ。
後半も、MCで言うほどバテてるようには感じませんでしたが、
繊細なところで、違いがあったのかもしれません。

小田さんが、アンコールでアリーナの後ろを歩いている時に、
スタッフTシャツではない、普段着でパスを下げた男性が、
近くに来た小田さんをガードして、
小田さんが離れていったら、後ろに下がっていきました。
遠目なので定かではありませんが、デュークの宮垣さんだったような…

2日目の小田さんは、絶好調というわけではなく
軽々と…というよりは、全身の力を振り絞って歌っているように感じました。

小田さんは、一人きりで立っていて…

周囲を客席が囲んでいるけれど
花道の上は、壮絶な孤独。

ふと、小田さんの声が掠れた瞬間。
胸がしめつけられました。きっとバンドの人もスタッフの人も。

がんばってください、などと安易に言えるわけもない。
「元気なうちにもう一回…」という言葉は、決して和やかな話ではなく
今こうしてツアーがあるのは、
長年、小田さんが厳しく自分を律してきたからこその奇跡。
きっと、凄烈な覚悟をもって、のぞんでいるツアー。

だから、

「本当のところ40まで歌っているかな…?と思っていました。

けど40どころか、50、60を過ぎてもうすぐ70…

やめどきがわからなくなっちゃって。

せっかくだから、もうちょっとお付き合いください。」

思いも寄らぬ、その言葉を聞いた瞬間。

2日ぶん、ずっとこらえていた涙が、一気にあふれ出てきました。

止まらなかった。

小田さんのファンは、幸せだなあ。

小田さんは、幸せだろうか。

ツアーはまたひとつ、終わりに近づきました。

名古屋へと続きます。