まっ白。

July07 [Thu], 2005, 14:14

小田和正ツアー2005 ”大好きな君に” 7月6日、武道館。

燃えた…燃え尽きたよ…まっ白にな…
体中が痛い。背中痛い。腕痛い。手のひら痛い(叩き過ぎ)
声枯れた。なにより頭がぼおっとしてる。

5年ぶりの武道館。小田さんの歌は、私の小さな容量を軽~く超えて、圧倒的だった。

観客としているだけの自分がこんなズタボロなのに、
歌ってる小田さんはどんだけ凄まじいパワーを放出しているのか。彼の人は普通の人間ですか?
なんで2時間半歌い続けたあとさらにあの歌が歌えるの?
芸術に愛された人間は特別な力を手にするのか?

でも今日も武道館!わたくし最後まで持つんでしょうか。
小田さんに負けないよう(もはや勝負)、頑張るぞ!

そうかな「僕らの夏」「そして今も」

そうかなメモその10「僕らの夏」

July06 [Wed], 2005, 15:08そうかな / 小田和正(2005年)

「僕らの夏」(4曲目)

この曲を聴くと、2002年のツアーファイナルを思い出す。
小田さんの涙と、BBSのメッセージ。

K.ODA TOUR 2002『Kira Kira』最終日の8月18日、名古屋。
アンコールのあとエンディングの映像と音楽が流れ、
つきせぬ余韻に浸る中、客電がついてライブの終了を告げた時、客席に小田さんの新しい歌が流れてきた。
それが「僕らの夏」。
退場を急かされながら、最後まで聴いた。

夏が終わるころ いつか僕らは みんな ひとつになっていった
でも もう僕らに 明日はない
やがて ここから 離れてゆくんだ
(「僕らの夏」)

夏の終わりと、ツアーの終わり。なんだか妙にぴったり合った、切ない歌だった。

ツアー最終日、「woh woh」 の途中で、つまって歌えなくなった小田さん。
数日後、小田さんのメッセージを公式HPのBBSで読んだ。
歌えなくなったときの気持ちを、「woh woh」の歌詞を引用し、書いてくれていた。
「みんなが教えてくれたこと」というタイトルがついていた。

ほんとうに 大切なことは 君が 教えてくれた
(「woh woh」)

それはわたしのほうこそー!と思った。

では、これから武道館へ。
小田和正ツアー2005 “大好きな君に” 行ってきます。

「僕らの夏」「woh woh」 作詞・作曲・編曲 / 小田和正 より
歌詞一部引用

“そうかな「僕らの夏」「そして今も」” の続きを読む

風うたの着うた♪

July04 [Mon], 2005, 17:18

「風のようにうたが流れていた」DVD-BOX発売記念
小田和正 着うた独占配信
なんてステキなことをTBSケータイサイトでやってるらしい。
(公式HPより)
さっそく行ってみた。

風うたDVDの音源だよ!ひゃっほう!

LET IT BE
YESTERDAY ONCE MORE
風に吹かれて(BLOWIN’ IN THE WIND)
good times & bad times
言葉にできない

即入会、全5曲ダウンロード、即退会(笑)
私の携帯かられりびーが。エヴリシャラララ~が。
そして、あの、la la la …が。聞こえます♪
貴重なライブ音源が着メロって、贅沢すぎてにやけるわ。
友よ携帯に電話して!着メロ聴きたいから!(電話には出ない)