9/27(火)国立代々木競技場第一体育館初日【小田和正ツアー2016君住む街へ】

September30 [Fri], 2016, 16:36

 小田和正ツアー2016 君住む街へ
9/27(火)28(水)国立代々木競技場第一体育館。

69才になって初のコンサート…
正直…

パワーアップしてる!!Σ( ° 口 ° ;

なんだか!すごかったんですけど!
小田さんご本人は、もはや気負いとか緊張とか頑張ります、みたいのを超越していて
まったくもってひょうひょうと、自然体な感じに見えて
え、ここ代々木体育館?小田さんちのリビングじゃなくて?
みたいな感じなんですよ!!
リビング、人、多すぎ!!

そんで、とってもリラックスして見えるのに
ものすごいライブだったという…

※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器は一切使用しておりません。
すべて個人の記憶、主観に基づくもので、実際とは異なります。

・・・

2日分のMCが混ざってるような気もしますが…

ちょろっと小さなメモを見る仕草をして、こそっとポッケにしまう

「ちょっと前、22日に、
マーチンの。鈴木雅之さんの還暦、30周年コンサートに呼ばれて、行ってきました。
呼ばれて出て来たら、ブーイングされたらどうしよう…という不安がある。
幸いにも歓迎してもらえた。
昔、フォークソングのイベントに出た時、「帰れ」ってよく言われて。
そのトラウマがあるんだよ(笑)」

「僕は横浜の出身で、東京に住むとは思いませんでしたが…みなさん、東京、どうですか?
では、横浜の歌をやりたいと思います」(笑)

(客席:小田さーん、こんばんはー。)

「ふっ(笑)こんばんは、って言われましたよ。(笑)
こんばんは~。」(客席:こんばんはー!!

(私、この「こんばんは」がツボに入ってしまい、ちょいちょい思い出し笑いをする羽目に。)

「さよなら、は(キーが)高いですよ。
本番しか出さないから、出るかな…あ、出た、って。

東京の人はどれくらい?(手が挙がる)
あ、けっこう…どうも。
さっき失敗したけど(笑)
出身の話になって、お前どこ?東京、って言われると話終わっちゃう。

(客席:お誕生日おめでとうー!)
70になったと思われてる方もいるかもですが、69です。(拍手

僕の誕生日の記念に、歌って頂きたいなと…(わーー!!歌う歌う!!

僕は、コンサートでみんなで歌いましょう、っていうのはキライで、ずっとやってこなかったけど
(そんなことはないです。)(「二人」を歌わされたことは一生忘れません。)
ぜひみんなで。」

代々木体育館は少し花道が長いのかな?
花道を駆け抜けてゆく小田さんのスピードがハンパなかった!

走るぞ、っていう瞬間の顔、
走り出すときの前傾姿勢、
まっすぐに、空を飛ぶようなスピード、

ここかなり細くてけっこう高い花道だから!陸上トラックじゃないから!!
花道の角を飛び越えて曲がってるけど、第三コーナーじゃないから!

すっごく速い物体が通り過ぎるとき周囲が爆発する、みたいな映像表現があるけど
体感的には、あんな感じだった…
デロリアンが行っちゃったあと、道が燃えてるやつ…

かと思うと、ピアノ弾き語りの曲では…
今回、ピアノ近くで拝見する機会に恵まれたのですが
小田さんとピアノから、ものすごいエネルギーの塊が、
四方へと発光しながら、会場全体へ広がっていくような
そんな感覚に陥りました。

「音が高くて…」とかの問題じゃなく!
ピアノを前にした小田さんは、
あのすらっとした背中からは、
軽快にリズムを刻んでいる足元からは、全く想像のつかない、

歌い始めた途端に、ものすごいパワーを発して
あらゆる人々に、音楽そのものを体感させ、
一人一人の心の中に、大きな感情のうねりを起こさせる。

小田さんの弾き語りを聴くことは、本当に、唯一無二の体験だと思った。

・・・

「東京初日、あっという間に終わっていきます。
これからも、高い声が出るかどうか…出してみないとわからないですが…
まあ、出ると思いますけど(笑)(ひゅーひゅー!)
またみんなが喜んでくれる曲を書いて、きっと戻って来ます。
そんなに高い音は使わないと思うけど(笑)」

アンコールで、再びピアノの前へ、
小田さんがまるでオープニングと同じくらい、元気で若々しくて(笑)
まるでここから3時間のコンサートが始まるかのよう!できちゃいそう!

会場の手拍子に、すっごく楽しそうに、嬉しそうに歌っていて
あーーー、ライブでさらにいい曲に育ったなあ…
最後の「愛になる」力強かった!

花道で「ダイジョウブ」を歌う小田さんの背中越しに、たくさんの笑顔が見えて、

小田さんが遠くのスタンドを指差す、それに呼応して、
2階スタンドの、ホントのテッペンの人たちまで、
みんなが大きく手を振り、またそれに小田さんが手を上げてこたえる。

忘れないで 君の その笑顔は
いつだって みんなを 幸せにしている

花道を歩いてゆく先々で、本当に、たくさんの人たちが笑顔になってゆく。
誰もが嬉しそうで、それを見ている小田さんも嬉しそうで…
涙なくしては見れない光景でした。
あの景色を思い出して、また涙が出てくる…

「みんな元気でね。どうもありがとう。」

そう言って、「また会える日まで」
「NEXTのテーマー僕等がいたー」を歌い。。

初日のコンサートは終わりました。
泣きすぎた。

時間なくなったので一旦アップします。2日目につづく。