本日小田日和、2015年3月11日、大阪城ホール

March12 [Thu], 2015, 11:07

思い出しメモ検証せずそのままアップします。録音録画機器は一切使用しておりません。間違い、思い違いご容赦ください。

本日小田日和、2015年3月11日、大阪城ホール。

・・・

どうもありがとうございます。

新聞はもちろん、今日はテレビも

3.11関連をずっとやっていて

思えば4年前、ちょうどツアーリハをやっていて

スタジオのマイクが大きく揺れたことを覚えています

一月半後に、延期していたツアーの初日を迎えて

どんな気持ちでステージに向かえばいいのか

でも、楽しくやんなくちゃ…という思いにたどり着きまして

昨年から、長きにわたりツアーをやってきて

残すところあと4公演

この日を迎えて、どんな風に…思うことは

やはり 思い切り、楽しく!やっていきたいと思います

メンバー紹介のあと

「がんばります。」と、一言

その直後、さっそくギターまちがえる(笑)

・・・

「実は昨日大阪に入りまして、あまりに寒くてびっくり。
今年いろんなところ…福井とか雪だったけどそれより寒かった。
こんな寒い中、お客さんを外で待たせるの、ヤバいんじゃね?
と言って、スタッフと相談して、ちょっとだけ早く開場しました。(拍手)
やさしさをおしつけるようですが(笑)」

小田さんのやさしさに涙。あの日も寒かったから。。

・・・

hello hello のイントロが始まって

小田さんが歌前

「(みんなに?)いいことが いっぱい 起きますように。」

と。

そして ♪ きっと いいことが待っている… と歌い出しました。

・・・

「その日が来るまで」を歌う前、小田さんはいつも

僕は1年以上、何にもできなかった

1年たって、ようやく曲を書きました。

では「その日が来るまで」。

とMCをします

きっと、今も
あの時、小田さんが受けた心の傷は、少しも癒えていないのだろうと感じます

2011年のツアーレポを読み返すと
必死で「明るく、楽しく」と、まるで自分に言い聞かせるかのように、苦しみもがきながら、ツアーを続けていく小田さんの姿と
そんな小田さんの歌う歌に支えられ励まされ、同じく必死に前を向こうとしている自分たちがいます

2011年ツアーは全部行って、出来る限りレポ書くと決心した
あの時の自分も訳もわからず必死でちょっと変だった

あの時も、4年経った今も、
小田さんは多くを語ろうとはしません
でも、その心の痛みはずっと続いているんだと

4年前と今と、過去の思い…今の思いが入り混じる
昨日はそんなライブでした。