小田さん、74歳のお誕生日おめでとうございます!

小田さん、74歳のお誕生日おめでとうございます。どうかお元気で、心楽しく愉快な毎日でありますよう。小田さんと周りの皆様が幸せでありますように。

また会おうぜ!の約束したので「こんど、君と」海辺で自主練しとります。
声を合わせて あの歌を いつかみんなで また歌おう〜♪

公式サイトのBBS、小田さんからのメッセージも更新されてました。同じ秋の空を眺めていたのですね。今年の9月20日は、抜けるように真っ青で雲ひとつない、高く晴れ渡った空でした。

メッセージ…うう…嬉しいよう…なんと心強い、嬉しい言葉。自主練にも身が入るぜーー!♪こーえーをーーー!!合わせてーーー!!あのーーーー!!うたをーーーー!!(だみ声)(だめ)

今年の夏フェスツアーは、ありがたくも首都圏開催の、横浜合同演奏会に参加させていただきました。

2019年7月、ENCORE!!ENCORE!!愛媛ファイナルで「また会おうぜ!!」を聞いてから2年以上振り…の小田さんでした。

いろいろなことがあったから、長かったような短かったような…こんなにも小田さんの歌声をライブでじかに聴けずにいたこと、あったかな?

昨年、名古屋での配信ライブには出演してくださいましたし、ふたつの新曲も聴けました♪ずっとツアーやイベント、クリ約が続いて、ゆっくり休む間もなく全力疾走でこられたのだから、おやすみできてよかったと思います。

小田さんがお元気で、安全に過ごしてくださるのが何より大事なこと。

夏フェスツアーは、きっと自由に動けず辛い毎日を送る全国のみんなのこと、各地の地元イベンターさんや音楽仲間のためを思って、出演してくださったんだろうと思います。

どこもきっちりとガイドラインを守って安全に開催されたようで、心温まる感想をたくさん教えていただき、ホッとしています。四国のモンバスは残念でしたが…グッズの購入やクラウドファンディングで支援ができるようです。小田さんの盟友でもある宮垣さんが携わってこられたデュークを応援しています。

モンバスのサイトはこちら→ https://www.monsterbash.jp

横浜合同演奏会、小田さんのことを少しだけ。

“小田さん、74歳のお誕生日おめでとうございます!” の続きを読む

福島民友ニュース記事:小田和正さん出演、3/6「Music for Tomorrow in Fukushima」

March07 [Mon], 2016, 18:30

3月6日、福島県文化センターで開催された
「Music for Tomorrow in Fukushima」(ミュージック・フォー・トゥモロー・イン・福島)
福島民友新聞社のサイトに記事が載っています。

記事によると小田さんは第3部に登場、
コンサートの模様は22日午後7時30分から、NHK総合テレビで放送される予定。とのこと。
NHKの番組サイトは未確認です。

 福島民友新聞社ニュース
福島に国内外アーティスト集結 『音楽の力』福島県民に勇気→

福島の皆さん、喜んでくれたかなあ~。。

金原さんが当日のことを少し書いてくれてます。小田さんとの写真も

 金原千恵子さんTwitter→

スタッフダイアリーも更新されています。
小田さん、ボブ・ジェームスさん、金原さん。
小田和正公式サイト→

大江千里さんは集合写真を。
大江千里さんTwitter


・・・

スタッフダイアリーによると、演奏曲目は
「言葉にできない」「今日も どこかで」の2曲とのこと。

NHKの放送はどっちかな~。
一曲でいいから流れますように。

ジャズファンとしても、とっても楽しみです。

3/1武道館オールナイトニッポン ALIVE ~ヒットこそすべて~ Web記事まとめなど

March03 [Thu], 2016, 14:10

ニッポン放送「HAPPY FM93」開局記念&フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート
オールナイトニッポン ALIVE ~ヒットこそすべて~

Webにライブ記事がいくつか上がっています。

スタッフダイアリーが更新されました♪
小田和正公式サイト

M-ON! MUSIC エムオンミュージック
小田和正、藤井フミヤ、ウルフルズ、Superflyら武道館で豪華共演

オリコンスタイル
小田和正、ウルフルズら 武道館で豪華共演

・・・

小田さん出演部分のみ感想など。録音録画機器は一切使用しておりません。うろ覚えの記憶に基づくもので実際の内容と同じではありません。


・・・

定刻よりやや遅れてライブスタート。

一曲目は坂崎さん、きたやまおさむさん「帰ってきたヨッパライ」

泉谷しげる「春夏秋冬」
宇崎竜童「スモーキン’ブギ」「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」

そして次のステージのセッティングをみたら、中央にアコギ2本。
まさか??もう小田さん??

やはり大方の予想より早い4組目に、小田さん登場!!

の、瞬間、武道館のあちこちから飛び交う悲鳴、悲鳴、悲鳴たち(笑)
どんだけ小田さんファンいたのだ。たくさんか!

歓声がすごくて、なかなか話し始められないくらい。
小田さんも、ちょっとびっくりしてたかも。

「その期待にこたえられるかどうかわかりませんが…」と(笑)

「ほとんどの楽曲を、フジパシフィックに預けてきました。50周年おめでとう。
いろんなことがありました。
サハシがひいてくれた「ラブ・ストーリーは突然に」(佐橋さん、イントロギター弾きかける。場内が湧く)も生まれました。

今日は、その曲ではなくて(笑)(場内:ええ~?)
僕が、初めて書いた「僕の贈りもの」をやりたいと思います。(おお~)
1973年…45年くらい前の曲です。」

佐橋さんと二人、ギターをかけて座り、歌い始めます。

♪冬と夏のあいだに…

ふあああ。。小田さんの声だ。。(;_;)

アコースティックギターの音と、小田さんの声と。
シンプルにして最強。
小田さん、連日のレコーディングやライフサイズ編集の疲れなどみじんもなく
ふっくらと艷やかで素敵な歌声にうっとり…

「あの日あの時」にも収録されるんですよね。
たぶんLB1バージョンだと思うけど、こっちもいいなあ~。

なにせシンプルなので、あっという間に一曲が終わり、
小田さんが立ち上がります。

手を振ってステージ袖へ帰っていく…って、えええええええ!!
もう行っちゃうのか…小田さああああん…

「場内:ええええーーーーーー!!」

武道館中の人々の心の声が、外にもれてました(笑)

小田さんらしいなあ~( ^ω^ )

佐橋さんが隣にいるのに、生・ラブ突のチャカチャーンもなく
イベントのタイトルが「オールナイトニッポンALIVE」なのに
当時ラジオでかかりまくった「さよなら」でもなく

さらにイベントのサブタイトルは「~ヒットこそすべて~」なのに

「僕の贈りもの」ヒットしてないから!!

…「フジパシフィックミュージック創立50周年」を祝って、
45年前に書いた、初めてのオリジナル曲を。
長い歴史を、ほぼ一緒に歩んできた証として。

小田さんらしいなあ~。。

素敵で、粋な選曲でした。

小田さんが去った後、しばしざわつく場内(笑)
次の人でてきにくいなあ…との心配は、無用でした(笑)
鈴木雅之!桑野 信義!佐藤善雄!シャネルズー!!
たいへんな盛り上がり!

・・・

ライブ終盤、きたやまおさむさんと坂崎幸之助さんで、ザ・フォーク・クルセダーズの曲を。
「コブのない駱駝」
これがまたすごい曲だった(笑)
「悲しくてやりきれない」

そして「あの素晴らしい愛をもう一度」。

出演アーティスト全員が、再びステージに登場します。ただし泉谷しげる除く(笑)

小田さんもステージへ。小田さーーん!!ヽ(;▽;)ノ

また後ろの方に引っ込もう、引っ込もうとしてますが(笑)
曲が始まるので、スタンドマイクの前に。

客電が全部ついて、こうこうと明るくなった武道館。
天井から、細長いハートの形をした、白い紙ひこうきみたいのがはらはらと降ってきて、
ステージ、客席の全員で「あの素晴らしい愛をもう一度」を、手拍子で歌いました。
楽しかった~~!!

歌が終り、きたやまさんと握手。マーチン、フミヤさん、佐橋さん…
たくさんの音楽仲間に囲まれた小田さん。

ふと、ここにヤスさんがいたら完璧なのにな… と、思った。
いつもはそんなこと思わないんだけど。
あの頃の曲をたくさん聴いたからかなあ。

たくさんの、懐かしく心に残るヒット曲を満喫させてもらいました。
小田さん、出演してくださってありがとうございました!