小田和正さんの言葉その2。ENCORE!!ENCORE!!ツアーMCから

August16 [Fri], 2019, 7:48

ENCORE!!ENCORE!!ツアーは全部で8会場16公演。
早くも長野でちょうど半分、さいたまから折返しです。

ENCORE!!ENCORE!!ツアーのMCから・その1はこちら→

・・・

※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器・携帯電話やスマートフォンの録音録画機能など、一切、使用しておりません。
すべて私個人の聞き違い多めで極めて曖昧な記憶と、解読困難な手書きの速記メモによる主観に基づくもので、実際とは異なります。

・・・

【2019.6.27(木)さいたまスーパーアリーナ】

「さっき、楽屋でふと思いついたんですが、僕が、実年齢よりも一回りも二回りも若くて、元気ハツラツでいるのと、
年相応に、ちょっとヨボヨボしてるのと(笑)どっちの感じが、僕はいいんでしょうかね?
どっちのほうが、みんなに好かれるでしょう?」

そんなの、どっちもいいに決まってるじゃないですか~

「どうもありがとう。こけちゃってすいません。こけたあとはずっと恥ずかしくていたたまれない…とってもはりきってるおっさんがいいか、年相応なおじさんがいいのか、余計なことを言ったせいなのか…ずっと考えてました。こけた部分も使うかもしれませんが、もしかして付録みたいのでこんなことがありました、みたいな。とにかく私は大丈夫ですから。
要の縄張りである大宮へ…あ、シーンとしちゃった(笑)またいつか帰って来るかわかりませんが、また最後に立ち直ったように(?)
皆さん、元気で。元気に暮らしていってください。」

小田さん一回りもふた回りも若々しいどころか、
大事な時に限ってアクシデント起こすのがなんかもう…遠足の前日に熱を出す小学生か!

1992年 横浜スタジアム
2008年 東京ドームのリハ
2019年 さいたまスーパーアリーナ←new!

永遠のやんちゃ男子。
全く反省しない。
でもそこがいい。
リベンジする未来が見えた気がする。

【2019.6.27(木)さいたまスーパーアリーナ】

「昔から曲を書くときは必ず、いい曲!(ひとさし指をピシッと立てる (`・ω・´)b)ということでスタートしますけど、いまだに『いい曲』とはなんであるかなどわからない。
書いた曲が、好きだと言ってくれたら嬉しくて、次につながってきた。
では、あの頃、みんなが好きだと言ってくれた『秋の気配』をやりたいと思います。

「今日は収録に協力して頂いて。なんか、気遣いが嬉しかったです。
今日はやっていて、一瞬、どこの会場にいるかわからなくなることが何回かありました。
決してさいたまがどうこうと言う話ではなく、

本当は参加したかった全国の人たち…(くしゃっと泣き顔になる。小田さん涙声。。)

(しばし、涙をぐっとこらえて…)

…そんな人達の気持ちが、届いたんじゃないかと思っております。

このツアーで涙を見せると、特別な意味があると思われるんじゃないかと、ずっと我慢していましたが…
先のことはわからないですが、さっきも言った、いい曲を書いて。ただそれだけを考えて。
今日はありがとうございました。」

涙をこらえながら。
いい曲を書いて…と言ってくれた。
ただそのひとことだけがとても嬉しい。嬉しいよう~。(涙)
今はゆっくりして頂いて、あまり根を詰めないで…小田さんが書く曲ならいい曲に決まってるから…

【2019.7.18(木)神戸ワールド記念ホール初日】

「一年半にわたり、ENCORE!!、ENCORE!!ENCORE!!ツアー続いて参りましたが、いよいよ大詰めです。みんなに支えられて、本当に楽しいツアーでした。今日も思いっきり、楽しく、楽しく、盛り上がっていきたいと思います!」

「楽屋でいろいろ考えてたら、隣でバンドの連中がコーラスの練習をしていて、それがとっても幸せな気持ちにしてくれた。ありがたいな。その曲をやりたいと思います。」

短いイントロの後、バンドのコーラスで始まった「夏の終り」。感動で震えました。
もうバンドも小田さんも最高すぎて、ツアー残り3本とか信じられない。もっとやろ?

「どうもありがとうございました。
ここでしゃべることになってるわけで…何をどうしゃべったらいいか、答えを見つけられない。
あと3本ちょっと…へへへ(笑)

余計なことは言いたくないな。インフォメーションは(?)気持ちは伝えたいな。
こんな風な歌を歌ったりしながら、71まで…72にもなって。まだちょっとあるけど(笑)歌い続けるとは思いませんでした。
長生きしてください。
なんかもしかしたら出来ることがあるかもしれないから、生きていこうと…
(歓声でよく聞こえませんでした)

今年はイノシシ?オレ知らなくて。オレの年だったんだ。
何て言うんだっけ?(年男ー)年男!
72にもなって年男なんてあるんだ、同い年の人は?(手が挙がる)思いの外少ないですね。頑張りましょうね。」

横浜初日に「追加はこれ以上しません」ときっぱり宣言してたのに比べ、今日の小田さんの歯切れの悪さ…(笑)
「ここでしゃべることになってるけど、何をどうしゃべったらいいか…余計なことは言いたくないけど…」って、めちゃ言いたいことある風情。
また会おうぜ!でいいじゃないですか!

【2019.7.19(金)神戸ワールド記念ホール2日目】

「ENCORE!!ツアーの終盤、ENCORE!!ENCORE!!と銘打った追加公演を決めて、残すは愛媛、一つ前の神戸。ずいぶん先の話だと思っていたらもう今日になってしまった。
楽しく、楽しく…いくばくかの寂しさはあいりますが、大切に、大切に、演奏していきたいと思います。もし歌いたいなという曲が出てきたら、遠慮なく歌ってください。」

「自分は、昔好きだな、と思った曲は最近いまいちだなと思うことはなくて。なくて(笑)今もいい曲ですね。
昔はいまいちだ、と思った曲が、今はいいな、ということがある。僕は偏見が強いので、勝手にシャットアウトしてるとこがあるので。そういう曲があります。
自分の曲は…そういうことがあればいいけど。
この曲は、まあまあですかね。」

小田さんの曲は、昔好きだな、と思っていて、そこからどんどん好きが増していくシステムです(笑)

「曲のタイトルはとっても大事。
どうしても、タイトルを歌詞の中から取り上げたくない時がある。
その典型が『Yes-No』。
“君を抱いていいの”が何回も出てくる。
もう(タイトル)『君を抱いていいの』でいいか!と思っても、いやいや。
考え抜いて、『Yes-No』というタイトルが出来上がりました。

次の曲のタイトルは、『こんなことはなかった』でいいか。
ほとんどそこへ行きそうだったけど、見事に、『秋の気配』というタイトルに行き着きました。」

は~タイトル大事だな~。絶対に『Yes-No』がいいし『秋の気配』以外ありえない。

「ありがとうございました。
昔、そんな昔じゃないか。友達が『小田、お前、ありがとうを言いすぎじゃないか?ありがとうが安っぽくなるぞ。』やなやつがいるんだよ(笑)

…さらに多くのありがとうを、皆さんに言わせて頂きたいと思います。
本当にありがとうございました。」

もう、、泣きすぎて水分が全部でた。うええ(泣)
ありがとうはこっちの方だし、ありがとうをいくら言っても言いたりないし、ありがとうの詰め合わせを夏のギフトで贈りたい。

小田さん、ありがとう。本当にありがとうございます。

最終地の愛媛につづく。

小田和正さんの言葉。ENCORE!!ENCORE!!ツアーのMCから。その1

August10 [Sat], 2019, 23:45

愛媛県武道館での感動的なファイナルは終わっていったけれど…私のツアーは終わっていなかった。小田さんからのBBSメッセージを読むまでは。

8月8日に更新されたメッセージを読みました。

もうね…。ツアー中に流した涙と同じ分量くらい泣きましたし、読み返すとまた泣く。。

はじめはPCから読んで、ひとしきり泣いて泣いて、
もう一度読み返そうと思って今度はスマホ画面でみたら、スマホが
「70過ぎたってへっちゃら」を、
「70過ぎたってへっ
ちゃら」と改行してたせいで、
「70過ぎたっ、てへっ♡」、だとぅ…さっきは気づかなかったぜ…なんて可愛らしいことを…(身ぶるい)と思ったら、ぜんぜん違いました。

ENCORE!!ENCORE!!ツアーの間、ずっと楽しくて、楽しくて、いつもなら終わりに近づくに連れてさみしくなったりするのにそれもなく、ずっと楽しかった。なんでだろう?
やっぱり、アンコールなツアーだったからだ。と思った。

ENCORE!!ツアー本編最終地の大阪城ホールが1月に終わって、高揚した気持ちのまま、拍手して手拍子してお水飲んでアンコール!ってゆって、あと少しで小田さんがゼリー飲料を飲んでTシャツを着替えてあのカーテンの向こうから花道へと飛び出してくる!その瞬間をひたすらワクワクしながら待っているような、めちゃめちゃテンション上がりっぱなしのあの感じ。
ENCORE!!ENCORE!!ツアーの間中、ずっとそんな気持ちで、毎回が全力で、毎回がとっても幸せだった。

新しくなったセットリストも最高だった。
小田さんはますます元気で、かっこよくて、おちゃめで、客席を愛おしそうに眺めて、縦横無尽に客席に突入していった。

不思議なんだけど、2000年頃のツアーを思い出したりした。個人主義を出して以降、こっちがついていけないほどハイスピードで猛進してゆく小田さんの、あの頃のライブを彷彿とさせる瞬間が、何度もあった。
なおも進化し続ける小田和正、をひしひしと感じていた。

最終日の愛媛では…
まったくなんでそんなことを考えたのかわからないけれど、

音楽の神様がいたとしたら、今、ここにいるのかも…とぼんやり思っていた。

その、小田さん神!とかではなく(笑)もし、ポップ・ミュージックの神様の存在を信じるとしたら、小田さんの力を借りて、今この会場でその姿を解き放っているのではないか。

小田和正という名の音楽の神様が、目の前の小田さんの身体を借りて歌っているような。(何を言ってるんだ)

花道を歌いながら歩いてくる小田さんは、いつものようにシンプルな白い服にスニーカーで、手を振りまくる客席に応えて、ちょっとだけ立ち止まって振り向いて、去ってゆく背中はしびれるほどかっこよくて、

だけど…こんなにすらっとスリムで、鍛えてはいても決して頑健なタイプではない、御年71歳の小田さんが、どうしてこんな風に、ものすごい歌声をずっと響かせ続けられるんだろう?
3時間、ほぼ休みなく、歌って、弾いて、走って、階段上って、アリーナ歩き回って、、おかしいだろ!
そんでライブ翌日はゴルフって(笑)おかしいだろ!!

小田さんはずっと、たくさんのものを背負い続け、歌い続けてきて、
きっともう小田さんは半分くらい、みんなの小田さんになってるんじゃないかなあ。

愛媛の「たしかなこと」リハーサルとか、ラブ・ストーリーは突然にで、わすれなーいー、とコーラスパートを歌ってくれたこととか、キラキラでカウントをとって振り向いた瞬間の笑顔がとってもステキだったこととか、神戸のロミオとジュリエットとか、いなぴーと有賀さんと三人で肩を寄せて歌ったアンコールの会いに行くとか、書いておかなきゃいけないことがてんこ盛りですが(リクエストすいません、夏休みがんばります)

小田さんの、ENCORE!!ENCORE!!での言葉を、振り返ってみます。
とりあえず簡潔にMCだけ抜粋して…と思っても、やっぱ長くなったので、分けます。
まずはツアー前半から。

“小田和正さんの言葉。ENCORE!!ENCORE!!ツアーのMCから。その1” の続きを読む

小田和正ENCORE!!ENCORE!!横浜アリーナちょっとだけ続き。

July12 [Fri], 2019, 8:46

5月の横アリがまだ途中だったので、ちょっとだけつづき。(さいたまのつづきは?)(長野2日目は?)(四日市は?)
…今月号の「へい!いらっしゃい」が去年の7月の話だったので、見習っていこうと思います( ー`дー´)キリッ

5/14 横浜アリーナ1→
6/19 長野ビッグハット初日→
6/28.29 さいたまスーパーアリーナ1→

以下ネタバレがあります。

“小田和正ENCORE!!ENCORE!!横浜アリーナちょっとだけ続き。” の続きを読む