小田和正ツアー2022「こんど、君と」6/3(金)ビッグパレットふくしま・その2

2022年6月3日(金)ビッグパレットふくしまからの空

【小田和正ツアー2022「こんど、君と」2022年6月3日(金)ビッグパレットふくしま(郡山)初日】その2

全国ツアー初日、郡山、曲名はなしで、短く日記の続きです。

 

 

 

※当ブログにおける全てのライブに関する記述は、録音録画機器・携帯電話やスマートフォンの録音録画機能など、一切、使用しておりません。すべて個人の記憶と主観による手書きメモに基づくもので、実際とは異なります。
正確な内容は音楽系情報サイトなどを参照ください。
以下ネタバレがある(かもしれない)のでご注意ください。

 

・・・

 

一曲めが始まりましたが、すっかり頭がまっ白になった私は、一瞬何の曲かわかりませんでした…
さんざんこれかな、あれかな、と予想しまくってたのぜーんぶとんで、今の小田さんの気持ちを書いてくれた、新曲だと思い込むところだった(笑)
それくらい…小田さんの歌をひたすら待ち焦がれていた自分にとって、ぴったり合致する曲だったのです。

すごいな…小田さん、未来を透視できるのだろうか…(私の中の小田さんはスーパーマンなので、どんどん特殊能力が付加されていきます)

小田さんの歌声が、全身に染み渡ってゆきます。

夢みたい、だけど夢じゃない。
この時をずっと待っていたのに、いざ実現したら、茫然としてしまった。
どうしていいかわからない、みたいな。

2曲めでようやく、現実なんだ、と思えて、一生懸命に手拍子をしてました。

・・・

えー?!この曲ーー!!うわーー!!という驚きと、喜びとで一曲ごとに混乱と興奮が。

小田さんは花道を歩きながら歌い、広いアリーナの先まで来てくれます。
手拍子と拍手で必死に思いを伝えようとする客席。

次々と歌われる曲に息を呑み、思わず小さく悲鳴があがってしまうようなことも…

夢のように過ぎていってしまう時間の流れが惜しくてたまらない。

すべてに感動し胸が震えて、感情が追いつかない。

今振り返ると、やっぱり夢だったのかもしれないと思う。

 

・・・

 

覚えている範囲でMCを。ニュアンスです。

「みんなどうもありがとう。
このコンサートが決まって、とっても嬉しかったです。

ホントにこんな状況でみんな来るのか不安で、2~3日前にリハをやっても、ホントにやるんかい?みたいな気持ちでしたが…一同ホッとしています。ありがとう。

課題は、とにかく楽しく、楽しく乗り切る。
この楽しさを、ツアー最終日までどんどん大きく大きくふくらませて、駆け抜ける!
全部の日が大切ですが、とても今日は特別に大切です(笑)」

 

続いてメンバー紹介がありましたが、なんと、ベースの有賀さんを忘れてしまう小田さん!
客席も教えたいけど声が出せないジレンマでむずむずしてます(笑)

気がついて「なんとかできるだけ早く駆けずり回って欲しい…最終日までには。有賀啓雄!」

「大きなドジをやらかしてしまいました。
イヤモニから『ありがとう忘れてます、ありがとう忘れてます!』何回も(笑)
皆さんありがとう?ありがとう!って言うとこだった(笑)」

 

ピアノのところで、ストローで水を飲むのが可愛いですo(^▽^)o

「何を歌うか死ぬほど迷って、年取って決断力がどんどんなくなっていく…ほっとくと3年くらい迷ってる。

10年、20年くらい前に、もうやめちゃいたいって思ったことはないか聞かれた。

そんなこと一回もなかったな。売れないとかそういうことはあったけど

でも、本当はどっか、やめちゃいたいって思ったこともあったのかな?」

 

・・・

 

「どうもありがとう。楽しくできました!
戻ってきますとは言えないけど…(いつか戻ってきたら?)戻ってきたな~と思っていただければ。

福島、No.1(一箇所目)に選んで良かったと思っております。
そんな風に言ってたって、他所行って言わないでくださいね(笑)」

 

ツアーを福島からスタートした小田さんの気持ち、みんなわかっていますよ~。

そんな小田さんの気持ちが大好きだーーー!!(突然の告白)

 

・・・

 

大サビで、ふいに小田さんの顔がゆがんで、目が真っ赤になる。

手で目を覆ってしまう。。

と、会場から、ものすごい手拍子が湧き上がる。

突き動かされたように、叫ぶように、

声を合わせて歌う代わりに、心を合わせた手拍子…

小田さんも、客席も、みんな同じ気持ちで。

ステージと、客席の心が、完全にこれ以上ないらい完全に、ひとつ!な瞬間を、ひしひしと感じました。

心の中の大合唱が、小田さんたちに伝わっていたら、嬉しいです。

 

・・・

 

「こんなこというと、またホロっとしちゃうけど…」

 

声を合わせて一緒に歌う、それはなんて幸せなことだったんだろう。


でも心の中でめっちゃ歌ってるんで!あと拍手めっっちゃ頑張るんで!

小田さんはひとっつも不安とか何も思わずに、我らの心の声を聴いていただいて(笑)
(私の中の小田さんはスーパーマンなので、どんどん特殊能力が付加されていきます)(2回目)

これから先の長いツアーを、ひたすら楽しく、元気に!駆け抜けてくださいませ。
自分も、思いっきり楽しみたいと、思います!!

 

郡山のご当地めぐりと、福島2日目につづく(かもしれない)

コメントを残す