そうかな「明日」「大好きな君に」「たしかなこと」「僕ら」「Re」

そうかなメモその1「明日」

June15 [Wed], 2005, 14:35そうかな / 小田和正(2005年)

「明日」(9曲目)

2003年5月、早稲田大学記念会堂でのコンサートで「明日」を聴いた。
小田さんが、客席中央に張り出した花道の先端でギターを抱え、すぐ目の前に座る。
歌い始めの歌詞を聴いた瞬間、体中が震えた。
当時テレビ東京のWBSのエンディングで毎日聴いていたから、サビだけは覚えていた。
でもこんな歌い出しだとは思わなかった。
書いていくうちにメッセージソングになっていった、と小田さんが語ったこの歌は、いつもの小田さんのようにラブソングでもある。

君のためにありふれた明日だけを願う。

この一行にどれだけの思いがこめられているか。どれだけ難しいことなのか。
ありふれた明日のためにはどれほどの幸運と、強い意志と努力が必要なのか。
対個人の歌のようでいて、実はとっても大きな世界へ向けて歌っている。小田さんの真骨頂。

このコンサートは、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)主催のチャリティーライブだった。
小田さんは最後に、ボランティアについて話し、「まず、自分のことを大切にしてください」と言った。

アルバム7曲目、先行シングル「たしかなこと」には
「自分のこと大切にして 誰れかのこと そっと想うみたいに」
という歌詞がある。
難しいことのようでいて、実はとっても簡単なことなのかもしれない。簡単なようでいて、とっても難しいかもしれないけど。(どっち)

2004年3月26日のWBSで、「明日」がフルコーラス、小田さんのアジアツアーの映像とニュース映像を交えた画面と共に流れた。
久しぶりに見返して、余りに生々しい過去の現実に驚く。次から次へと悲惨なニュースはやってきて、たった1年前のことを過去に押し流してゆく。
「明日」やっとCD音源になりました…

「明日」「たしかなこと」作詞・作曲・編曲 / 小田和正 より
歌詞一部引用

“そうかな「明日」「大好きな君に」「たしかなこと」「僕ら」「Re」” の続きを読む

芸術に親しむ会などなど

月イチげーじゅつに親しむ会

June27 [Mon], 2005, 16:45

まずはカジュアルフレンチ、ブラッスリー・レカンでランチ。
1932年に造られた上野駅の貴賓室をそのまま改装した店内は、ここがあのアメ横じゅらく西郷どん上野だということをすっかり忘れさせる別世界。

とうもろこしが生まれ変わったうまうまなコーンクリームスープに続いて、
「ねずの実香るポークフィレ肉のロースト」か、「スズキのポワレ・ベルモット酒のソース」のどちらかを選ぶ。迷う。

「ねずの実」って何ですかー?と質問し、ジンの香り付けに使うときいて二人とも即、肉オーダー(笑)
おいしいポークフィレが、さっぱりしてるのにとろけます。
ねずの実。胡椒ほど強くはない、やわらかい刺激と爽やかな香りがアクセントになって、ゆっくり味わいたいのにナイフの手がとまらない。
友よ、おいしいのはわかるが食べるの早すぎ。

デザート。マスカルポーネとバナナのムースを浮かべた、ほろ苦いチョコレートスープ 
ダークチェリーのクラフティ、バニラアイスクリーム添え

バナナムースがふわふわでおいしすぎる。スープはレカンのチョコレートケーキ(大好物)と同じ、こくと深みのあるレカンのチョコの味。舌が喜ぶ~♪

その後、本来の目的である東京都美術館にアール・デコ展を観にいった。
アールデコってなに?アールヌーボーと違うの?チケット売り場に並ぶと、突然親切なご夫婦が声をかけてきて、6/26までだからと、余分の招待券をタダで譲ってくださった。

ありがたくいただいて、中に入る。

しかし観たからってわかるものでもなく…
展示物をみて???。パネルの説明を読んでも???説明文の説明が必要である。周りをみると熱心にメモっている学生風の若者が多い。わかりやすく教えてもらいたい。
印象に残ったキーワード。
エジプト、アジア、南米、ジャポニズム。
記号、幾何学模様、パターン、産業デザイン。
期間はニ度の大戦の間。パリ。ランバン、シャネルのドレス。ザ・ベストテン(違)の回転扉。地下鉄銀座線のポスター。
カル*ィエの、エジプトの宝物からヒントを得た(つか、ほぼそのままの)宝飾品すげー。

まあわからないなりに面白かった。今まで、なんでこんなデザインなん?奇抜だとは思うが格別いいとも…(ごにょごにょ)、と思っていたものが、いわゆるアール・デコの有名な作品に連なっていたりして、そのデザインが当時生まれた必然性、経緯がうっすらわかったようなわからないような。(嘘。わかりません。)
しかし、昼ごはんを食べたブラッスリーレカンの店内が、アールデコ様式だったのはわかった!

げーじゅちゅに触れて脳が疲れたので、すぐ近くのイタリアンレストラン、リモネッロで糖分補給。

大人気!レモン風味のタルト。甘酸っぱくて後味もさわやか。ちびちび味わって食べてしまう。
リモネッロ自慢のリッチなティラミス。ひとくち食べた瞬間、顔がにこちゃんマークになった友。

水分バランス

June24 [Fri], 2005, 11:59

ジムのプールに行った。ざばざばと水をかき分けて歩くのが気持ちいい。ジャグジーの水流が気持ちいい。泳ぐの…100でへばった。

今日は泳ぐのはやめといて、スチームサウナとドライサウナをはしごして、今宵のビールに備える。

初もの佐藤錦。毛ガニ。

お刺身盛り合わせ。うまい~

モロッコいんげんのごまドレ和え。
このいんげん、東北では「ささげ」という名前で呼ばれていて、たまに青森のおばあちゃんが送ってくれました。それを油炒めにして食べるとおいしかったなー。
最近はこっちでも売ってるようになりました。

水分しぼり切った体にビール充填完了。本日の運動量より多かったのは想定外。

さかなづくし

June23 [Thu], 2005, 2:31

魚のうまい店に行った。
生ガキ、刺身大皿盛り合わせ、鮪カマ焼き、鯵なめろう、
海老しんじょ、たこ唐揚げ、ブリ大根、鰻、もずく酢、空豆。
生ビールジョッキのあと芋焼酎のお湯割りで。
次のマスターの店ではマッカラン18年を1:1水割り、氷抜きで。
サービスですいかをごちそうになった。
あまりに速攻酔っぱらって、写真撮るのころりと忘れたよ。

うまい店がうまいままで、マスターの店が変わらずいい感じで、今宵ほっこり気分良く再会を約し、泥酔のホームで別れる。

アメリカンフットボール、略してアメフト

June22 [Wed], 2005, 17:08

RUBBER SOUL / THE BEATLES(1965年)Drive My Car(1曲目)

たまたまこの曲を聴いたら、今年2月の第39回スーパーボウルハーフタイムショーでポールさんが真っ赤なTシャツでこの曲を歌っていたのを思い出し、ドラムの人巨体でかっこいいよなーと思い、さらにスーパーボウル進出チームが決まるまでのどきどきわくわく感を思い出し、あーアメフト観たいーー!!ちょー観たい、早くシーズン来ないかなーと思ったら、8月に東京ドームでコルツvsファルコンズの試合があることを思い出し、そういやチケットまだ買ってない、と気がつき、でもまあファルコンズ側だったらまだ入れるかなと思い、いや意外とみんなヴィック好きだったりして…

とつらつら考えつつスーパーボウルのDVDみちった。後半のウエストブルックすげー。頑張れマクナブ!頑張れイーグルス!
いやもう勝負ついてるんだけれども。

だめごはん続く。

June22 [Wed], 2005, 14:41

アーモンドチョコが好き。宿命的に好き。
食べ始めると止まらない。
止まらない…止まらない…止まらな…

夕飯はもう無しでいいだろ。というくらい食べてしまった。
昔はよくあった。晩ごはんにアーモンドチョコ一箱。
久々やっちゃいましただ。牛乳飲んで寝ます。

翌朝。

両面目玉焼きのっけごはん。さすがに、アーモンドチョコだけだとおなか空く。

豚肉とアスパラ、きのこ、小松菜の炒め物

June21 [Tue], 2005, 10:52

にんにくと豚肉を炒めて取り出し、
アスパラときのこ、小松菜を炒め、先のにんにくと豚肉を戻す。
酒、塩、鶏ガラスープ、黒こしょうで味付け、
仕上げに片栗粉を水で溶いたものをさっと混ぜ合わせる。

昨日真っ白に燃え尽きたせいでごはん作りもやる気でないー
しかし山形産アスパラが来た♪ので、炒め物。
梅田ガード下のおいしい春巻きやで、青島ビールと一緒に出てくる青菜炒め、をイメージしてとりかかる。
ささっと手早く…できるはずだったが、小松菜の泥を落とすのにえらい手間がかかり、材料切り揃えただけでぐったり。
しかも疲労した体が濃い味を求めていたらしく、出来上がってみたら塩が強いし、こんな日に限って休肝日。

A Happy Wedding♪

June20 [Mon], 2005, 15:43

「いつかは友達の結婚式でライブ」を目的として、
‘97年の文化の日に結成されたバンド、その名もぷちぱん。
しかし結成以来、長い間結婚式がなかった。
やむを得ず黙々と練習し、ライブハウスや路上で演奏してきた。
メンバーの渡米で、活動休止の危機も迎えた。
しかし本日この佳き日に、やっと本来の目的を達成できる。

【セットリスト】
1.HAPPY BIRTH
2.初夏の頃(三カ国語バージョン)
3.あれから僕たちは
4.ブンブン
5.みんなともだち(with ちびっこコーラス隊)
6.11月
7.HAPPY BIRTH

割れるような拍手。飛び交う歓声。
結構リアルな「思ってたよりすげえ良かった」の声。
ありがとうみんな。ぷちぱんは幸せです。
たとえ途中でコードがひっこ抜けても、
最後の、しかもカッコ良くメンバー紹介するはずだった曲を
スコーンととばしちゃっても。

おっと主役はこちらだよ。
撰さん寿さんご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。

次のライブ(結婚式)はいつかな!

ますますアメフト

June19 [Sun], 2005, 2:02

バンドのあとはにくだよね!
みるみるうちに空になる大皿。すがすがしい。

炙りユッケ、タン塩、カルビ、熟成ハラミ、キムチ、ごはん、
石焼きビビンバ、ビールジョッキ×18

於平城苑。

さて明日の本番大丈夫か…?

さらばアスパラ、また来年(仮)

June19 [Sun], 2005, 0:25

北海道の友が送ってくれたアスパラ、
最後はバター醤油で炒めて食べた。

噛みしめると、アスパラの甘味が
じゅわっと口の中に広がり、
バターの香ばしい匂いと、
醤油の焦げた匂いが合わさって、
いつまでも味わっていたいおいしさだった。
来年もよろしくお願いします

来週は山形のアスパラだ!(え)

煮物が続く。

June17 [Fri], 2005, 15:40

普通の肉じゃがですが、醤油のかわりにワダカンの八方汁を使うのが唯一のこだわり。

くたびれたので簡単な煮物に逃げる。
大量に作ったので今晩はこれにお豆腐を入れて、肉豆腐にして食べよう。
さてこれから明日のバンド練に備えて個人練だ!
バンマス、わたくしもう指が動きません…

(練習中)…

バンマス、大変です!曲が思い出せません!

やきにく行った

やきにく行った

June12 [Sun], 2005, 0:11焼肉やに行きました。正泰苑。

まずは冷えたエビス。乾杯。

真っ赤に燃える炭が来て、塩上カルビがどん、と来て、

カンカンに熱くなった網の上。じゅう。

さっと炙ったカルビをわさび醤油にちょん、とつけ、はふはふはふはふ。

お肉おいしい(喜)お肉っておいしいなあ(涙)

上ロースないのーざんねん。ま、しゃあないエビスおかわり

中ロースにキムチ盛り合わせと、味付け細ねぎもね

にくにくにく。次々平らげる

そろそろごはんいくー?クッパも捨てがたいけど、いやここはもっかい塩上カルビ。

ほかほかのごはんに、キムチと細ねぎと、熱々の脂がしたたり落ちる炙った塩上カルビをのっけてやおら一気にかきこむ。

しあわせ。

レタス炒めその後

June12 [Sun], 2005, 15:07

余ったレタス炒めをさらにオムレツにしてみた。意外といけるのが悔しい(笑)

今宵のBGM

June12 [Sun], 2005, 21:56

THE AMAZING BUD POWELL,Vol.1/Bud Powell(1949、1951年録音)

「チュニジアの夜」が好き。いろんなアーティストが演奏してるけど、バドさんのもいいねえ。バドさんは乾杯に合う。

続いて、

STANDARDS LIVE/Keith Jarrett Trio(1985年録音)

昨日はギターの弦とドラムのスティックを買いに、久しぶりに新御茶ノ水の楽器店に行った。
しんおちゃ、といえば。隣の席に座った友人にキース・ジャレットを薦められ、初めて聴いたのがこれ。

アスパラばんざい

June13 [Mon], 2005, 12:47

北海道の友からアスパラが送られてきた。毎年初夏の頃に届き、あーまたアスパラの季節だなーと思う。いつもどうもすんません

さっとゆでて、まずはそのままかじる。じゅわっ、とアスパラ独特の青い匂いと甘い味が口いっぱいに広がる。んまい!
北海道のアスパラってなんでこんなにおいしいんでしょう。ぶっといのにやわらかで、でも歯ごたえがあって、甘い。
お皿にてんこ盛りのアスパラ、マヨネーズをつけてすっかり平らげた。
明日はバターしょうゆでソテーかな。

前日はにくにくだったので、今日は野菜づくしで。
有機栽培のトマト、きゅうり、にんじん。青くさくて味がしっかり濃い。
シンプルに塩で食べる。

ビールで乾杯した後、アスパラに敬意を表して?モエシャンドンハーフボトルの栓を抜きました。ぽむ(順序逆じゃね?)
オリーブにパルメザンチーズを薄く削ってつまみつつ。パルメザンチーズとシャンパンて合うね~うまうま。

パスタ。オリーブオイルでにんにく、玉ねぎ、赤唐辛子に魚介を炒め、白ワインとトマトソース、黒こしょうたっぷり。固めにゆでたフィジリとバジルをあえて完成。
パスタをゆでるときの塩は水から入れる?沸騰してから入れる?どっち?

デザートはハーゲンダッツの抹茶あずきパルフェ。しばらく放置して溶けかけたところを食べるのがいいですね~

しめは麦茶で。麦茶のおいしい季節になりました…

ピンクの若いブタだった頃

June13 [Mon], 2005, 21:05

ロメオの心臓/BLANKEY JET CITY(1998年)

来週浅井さんのバンドのアルバム出る記念、ブランキー一気聴き。
一曲目のパイナップルサンドのイントロ聴くと、昔乗っていた車を思い出す。
エアコンが効かなくていつも窓全開で走っていた。熱風ががんがん入ってくる。
車高が低いせいで時速60キロでも100キロくらいのスピード感。
いつでも思いっきり踏み込んでないといけないぷんぷんぐるま。
なぜかCDプレイヤーだけはちゃんとついていて、ブランキーを大音量でかけながら走るとすっごく速い車(の気分)になった。
国道を走る車の中いつも暑かったなー。

このアルバムに入ってる小さな恋のメロディを初めて聴いた時は、その年のベスト1だ!と興奮したのを覚えてる。
シングルのジャケ写もカッコよくてそのポスター部屋にしばらく貼ってた。

そういえば廃車になってからブランキー聴くの久々かも。

LOVE FLASH FEVER/BLANKEY JET CITY(1997年)

Spaghetti Hairが黒盤ベスト(ユニバーサル)に入ってるのは名曲だからですよね?
L.F.Fは特別に特別なアルバム。いっちばんよく聴いた。
ガソリンの揺れかた、デニス ホッパー、海を探す、とたたみかけるラスト3曲は本当に素晴らしい。冷たいコーラ飲み干そう。海を探しに行こう。ついでにブランキー写真も撮っとこう。センスのないデジ写撮り(←単車乗りとかけてみた)

浅井さんモデルのジーンズってどこかのう?きつくてはけなかったけども。

朝ごはん?

June14 [Tue], 2005, 13:11朝ごはんのような晩ごはん
シンプル(質素?)な食事が実は一番おいしいんじゃないかと思う深夜0時30分。

納豆ごはん
油揚げ、わかめ、かぶの葉っぱ、ねぎ、めかぶの味噌汁

納豆ごはんに味噌汁。最強の組み合わせ。

アスパラのチーズ焼き

アスパラの上に卵を落し、粉チーズをたっぷりかけてオーブンで焼きました。
塩胡椒をふり、半熟の卵をくずしてアスパラをからめながら食べた。

Too Darn Hot

June14 [Tue], 2005, 15:33

Mack The knife – Ella In Berlin
/Ella Fitzgerald(1960年)

エラさん聴いて朝からいい気分。
ハーゲーンダッツ♪みたいな曲あったよ、と言われ??? iTunesで確認。
トゥーダーンホッ♪ですか…

「アイスの歌」としてインプットされてしまった。

キャベツ半玉あっという間に

June15 [Wed], 2005, 11:01

キャベツと豚肉のあっというま煮。ポン酢、薬味ねぎ、茗荷のみじん切りを添えて

鍋に水と昆布とにんにくとしょうが、塩少々を入れ沸騰させ、キャベツ半玉を押し込んでしばらく煮る。くたっとなったら豚肉投入、火が通ったら出来上がり。
にんにくとしょうがの風味がしみ込んだキャベツの甘味が侮れないうまさ。そのキャベツに豚肉の組み合わせは最強。
日本酒と塩で蒸し煮にすることが多いけどこっちもはまりそう。

3杯は軽くいける。

June16 [Thu], 2005, 13:17

BLUE TRAIN / John Coltrane(1957年録音)

ブルーノートのブルートレイン、
ブルーのジャケット。かっこいい。
そこの壁にポスター貼ってる…床に落ちてた

愛人に撃たれて死んだリー・モーガン(tp)、カーティス・フラー(tb)、そしてジョン・コルトレーン(ts)の豪華メンバー管楽器3つ揃い。たのし~
さて乾杯!
うねるようなテナーソロと一緒にぐびぐび飲んでいると、
トランペットがすうっと入ってくる。そこで二杯目をつぐと、
さらにぐいぐいと引き上げられますます酔いはすすむ。
立て続けに飲んだあともう一杯、今度はトロンボーンのふんわり渋い音色とともにゆっくりと。
ビールおいしい。

キャベツとベーコンのパスタ

June16 [Thu], 2005, 13:32

オリーブオイルでにんにく、唐辛子のみじん切りを炒め、ベーコンをちりちりになるまで炒める。
パスタといっしょにさっとキャベツもゆで、ゆで汁少量とともにフライパンに投入し、手早くあえて完成。

(諸般の事情により)速攻でごはん作らなきゃいけないとき、パスタって助かる。出来たてのおいしいパスタ、あとはビールとコルトレーンで。